資格と経験のある
矯正専門医が担当します

矯正治療をお考えの皆様へ

近年子供の矯正やマウスピース矯正が当たり前となってきており、それに伴い導入する医院も多くなっていますがトラブルも少なくないようです。
原因の一つに矯正専門医でなくても、また矯正の臨床経験が少なくても講習を受けるだけで歯科医師なら誰でも導入できるという問題があります。
当院は矯正専門ではありませんが、開業している経験豊富な矯正専門医と連携する事で質の高い治療を提供し、また矯正の際に必要な虫歯や歯周病治療などもきっちり対応できる環境を整えています。
矯正は一生を決めると言っても過言では無い治療ですので、興味がある方や迷われている方、また他院の治療に満足できない方は一度ご相談下さい。

お問い合わせ
矯正専門歯科医師:平澤 建太朗
矯正歯科のイメージ画像

【インビザライン「プラチナエリート」認定医院の医師】
インビザラインには、7つのランクが認定されています。当院は上位クラスにあたる「プラチナエリート」の認定を受けています。マススピース矯正81症例以上行った医院が認定されます。

【所属他】
日本成人矯正歯科学会 会員
日本矯正歯科学会 会員
近畿東海矯正歯科学会 会員

矯正歯科のイメージ画像

【ご挨拶】
「もっと多くの方に、矯正治療の「素晴らしさ」を伝えたい」。矯正治療に興味はあるけど、高い・・・・治療期間が長い・・・。このようなイメージをお持ちではないでしょうか?そのため、矯正治療をやりたくても諦めてしまった方が多くいらっしゃると思います。そのような方のために、比較的手軽に始められる矯正をご提案しています。矯正治療はとても素晴らしい治療です。口元の美しさだけでなく、気持ちも前向きになり、心からの笑顔が出せる。この素晴らしさを、もっと多くの方に伝えたい。

様々な患者様のニーズに応える矯正治療

1.可能な限りの「非抜歯矯正」

できるだけ非抜歯を目指す矯正プランです。

2.「痛みの少ない」矯正プラン

特殊な装置(光加速装置)を利用し痛みを少なく、そして治療期間を短くするプラン。

3.「横顔を綺麗」にしたい方へ

矯正をすることで横顔がシャープになる場合があります。しゃくれのお悩み等ご相談ください。

4.「結婚式」を迎える方へ

結婚式や就活など、大切な日に間に合わせる矯正プランになります。

5.前歯の部分矯正

気になる前歯(出っ歯/すきっぱ等)を改善する矯正プランです。

6.後戻りした歯の矯正

矯正したのに歯並びが後戻りしてしまった方向けの再矯正プラン。

7.小児矯正

詳しくはこちらをご覧ください。

3つの特徴

1.COA5矯正診断システム/i-Teroシステム

・勘ではなくデータに基づいた矯正治療。
・科学的根拠に基づいた緻密な計算。
・治療前にシュミレーションも可能

2.世界の安心ブランドメーカー

当院では世界のドクターから評価されているアライン社の「インビザライン」「iGO」をご提供しています。最近では粗悪な商品もありますのでメーカーの選別は慎重に行う必要があります。

3.2ヶ月に1回の来院でOK

従来の矯正は1ヵ月に1回の来院が必要でしたが、当院では2カ月に1回の来院なので患者様の負担は軽減されます。

マウスピース矯正

【課題】

一般的にマウスピース矯正の治療期間は2〜3年ほど。また、前歯部などの部分的な歯並びしか改善できないメーカーもあり、治療の精度もワイヤー矯正と比べ落ちてしまう事もあります。

解決1.上記の問題を改善したのがゼロベース×インビザライン矯正

【光加速装置 OrthoPulse】
細胞を活性化させる近赤外線を発する装置(OrthPulse)を利用することで従来の治療期間よりも1/2〜1/4短縮させることができます。

【バイオプログレッシブ理論】
すべての患者様に同じ治療するのではなく、パターン分けを行い、そのパターンに合った治療を実施します。

【ライトフォース理論】
歯は強い力を加えれば動くわけではなく、継続的に弱い力をかけることでスムーズに動いていきます。これをライトフォース理論といいます。

解決2.「他院で断られたケース」でも対応可能(難症例)!

一般的なマウスピース矯正は適応症例が限定されており、抜歯ケースや歯並びが大きく崩れたケースは対応できません。しかし、当院が行う「ゼロベース✕インビザライン矯正」では、通常「対応できない」ケースでも対応可能になります。
✓難症例でも対応可能
✓他院で断られたケースでも対応

解決3.後戻りしにくい!歯並びが悪くなる原因を除去

過去に矯正治療をしたが、時間の経過とともに歯並びが戻ってしまう事もあります。これは様々な理由がありますが、「噛み合わせ」をしっかり調整しないことで起きてしまう事があります。当医院では噛み合わせも考慮し、後戻りを防ぎます。
✓後戻りしにくい歯並びの創造
✓審美性だけでなく機能性の向上

症例画像
矯正歯科のイメージ画像 矯正歯科のイメージ画像 矯正歯科のイメージ画像 矯正歯科のイメージ画像 矯正歯科のイメージ画像 矯正歯科のイメージ画像

子どもの矯正

1.子どもの矯正治療とは

歯の矯正治療というと、ブラケットと呼ばれる金属の装置を歯の表面につける方法をイメージされる方も多いかもしれませんね。しかし、実際は、以下の表のような装置を使います。大人の矯正治療に比べて、痛みがほとんどないことや装置が取り外しができたりと、治療中のストレスがほとんどありません。

2.歯並びが悪くなる原因

【悪習癖(指しゃぶりや舌のクセ)の除去】
指しゃぶりや舌のクセで歯並びが悪くなってしまうことがあります。子供の骨は柔らかいため、(図のように)舌が歯を内側から押す力が加わると、歯が前にでてしまうことがあります。子ども用の矯正装置を使用することで、このような癖を除去し、そして、歯並びを整えることが可能です。

【顎(あご)の成長促進・抑制】
上下の顎がバランス悪く成長すると歯並びが悪くなってしまいます。例えば、下の顎が大きく、上の顎が小さいことで、受け口(しゃくれ)になってしまうことがあります。また、上の顎が大きく、下の顎が小さいことで、出っ歯になってしまうことがあります。子供は、身長が伸びるように、顎が成長しています。この成長期に、顎の骨の大きさをコントロールして上下の顎の大きさのバランスや前後関係を整えます。

【歯列弓の拡大】
近年、日本人の顎の大きさは小さくなりつつあります。一方で、歯の大きさは変わっていません。結果、歯が生えてくるスペースが足らない状況にあるお子さまが多くいらっしゃいます。子供の矯正治療では、歯がきちんと生えてくるスペースを、歯列を広げることで確保します。

3.開始する年齢

【7歳くらいで一度、矯正専門医に相談を】
お子様一人一人によって最適な治療時期が異なってきますが、大体の目安は7~10才です。 7歳以上のお子さんをお持ちの保護者様は、お子さんの歯並びが気になったり、歯科検診で指摘を受けた場合は、早めの矯正専門医の受診をお薦めします。

【以下にあてはまるお子さまは、特に早めに矯正治療をした方がよいです】
・先天欠損歯があるお子さま
・埋伏歯があるお子さま
・反対咬合(受け口)のお子さま
・指しゃぶり、舌癖(ベロのくせ)があるお子さま


オンライン予約
オンライン予約